印鑑

実印・銀行印・認印はどう違う?

書類に押印を求められたとき、「認印でいいですよ」と言われるときがあります。認印ではダメ、となると、実印か銀行印が必要な場面になりますが、実印・銀行印・認印は何が違うのでしょう。違いはとっても簡単です。決まった届出をした印鑑かどうかだけ。
実印とは、間違いなく自分の印鑑であることが証明された印鑑のこと。市役所の窓口に本人確認書類と印鑑を持って申請に行くと実印としての登録ができ、重要な書類に添付が求められる「印鑑証明書」をとることができるようになります。銀行印は銀行口座を作るときに、今後の銀行取引においてこの印鑑を使うことを約束して押した印鑑のこと。特定の銀行に届出た印鑑のことです。
認印とは、実印でも銀行印でもない印鑑で、どこにも届出ていない印鑑のこと。「認印でいいですよ」というのは、本人確認までは必要ありません、大事な印鑑でなくていいですよ、という意味ですね。手彫りの印鑑のように印影が唯一無二の印鑑であれば、市役所に届出ると実印になり、銀行取引で使えば銀行印になり、実印にも銀行印にもしていなければ認印となります。お店で「実印」として売っている印鑑は、「実印としてお使いになってはいかがでしょう」というおすすめの印鑑ということですね。

トピックス

印鑑登録のための印鑑を作る

印鑑というのは、宅配で荷物を受け取るときに利用しますが、それ以外にも役所でなんらかの申告をするとき、そして印鑑登録をするときにも使用します。基…

もっと読む

印鑑を利用する際に注意しておきたいこと

何かと必要になってくる印鑑ですが、普段はどこへ保管されてますか?ちなみに印鑑には実印、銀行印、認印、訂正印、会社で使用する印鑑などたくさんあり…

もっと読む

印鑑に使われている素材について

みなさんは印鑑に使われている素材について考えた事はありますでしょうか?きっと多くの方は印鑑の素材についてそれほど考えていないと思います。特にそ…

もっと読む

2016年11月08日
実印・銀行印・認印はどう違う?を更新。
2016年11月08日
印鑑に使われている素材についてを更新。
2016年11月08日
印鑑を利用する際に注意しておきたいことを更新。
2016年11月08日
印鑑登録のための印鑑を作るを更新。