印鑑

印鑑を利用する際に注意しておきたいこと

何かと必要になってくる印鑑ですが、普段はどこへ保管されてますか?ちなみに印鑑には実印、銀行印、認印、訂正印、会社で使用する印鑑などたくさんあります。銀行印であれば預金通帳と一緒に保管してるだけで危険だと理解できると思いますので、できるだけ別の場所に保管をするようにしましょう。
もし印鑑を紛失してしまったら、登録印鑑などはすぐに役所に出向いて登記所に紛失、盗難などを届け出て廃止しなければいけません。これは銀行印でも同じことが言えますので、すぐに銀行に届け出て改印などをするようにしましょう。
印鑑とは本人以外に契約などの代理人に委ねることになります。つまり記入欄が白紙作成されている白紙委任状は代理人が勝手に書き換えることもできるので、下手に印鑑を押すという行為は避けるようにしましょう。
また印鑑とは当然ながら誰それに貸すような物ではありませんので、印鑑を他の方に貸さないようにすること、そして先にも述べたとおり無闇に捨印をしないようにしなければいけません。三文判の印鑑は今ではどこにでも置かれておりますが、同じ印鑑を見つけ出すこともそう難しくありませんので、こういった印鑑を実印にするのはやはり危険が伴うということも理解しておきましょう。

トピックス

印鑑登録のための印鑑を作る

印鑑というのは、宅配で荷物を受け取るときに利用しますが、それ以外にも役所でなんらかの申告をするとき、そして印鑑登録をするときにも使用します。基…

もっと読む

印鑑を利用する際に注意しておきたいこと

何かと必要になってくる印鑑ですが、普段はどこへ保管されてますか?ちなみに印鑑には実印、銀行印、認印、訂正印、会社で使用する印鑑などたくさんあり…

もっと読む

印鑑に使われている素材について

みなさんは印鑑に使われている素材について考えた事はありますでしょうか?きっと多くの方は印鑑の素材についてそれほど考えていないと思います。特にそ…

もっと読む

2016年11月08日
実印・銀行印・認印はどう違う?を更新。
2016年11月08日
印鑑に使われている素材についてを更新。
2016年11月08日
印鑑を利用する際に注意しておきたいことを更新。
2016年11月08日
印鑑登録のための印鑑を作るを更新。